交通事故の後遺症


当サイトでは、交通事故被害で後遺症が残ったときに、どのように障害等級の申請を進めたら良いのか、ということについて紹介しています。それではまず、そもそも、後遺症とは何か、というところから始めたいと思います。後遺症とは、病気や怪我などの症状が治ったあとも、残ってしまう、機能障害などの症状のことです。注意しなければならないのは、後遺症があれば、損害賠償請求が認められるわけではないということです。

補償が受けられるのは、後遺症のうち、後遺障害と認定された場合だけです。後遺障害とは、後遺症があり、その怪我の症状の原因が交通事故であることが医学的に証明され、労働能力の喪失あるいは低下が認められ、さらにその怪我が自賠責保険の等級に該当するもののことです。

つまり、きちんとした補償を受けるためには、適正な等級認定が必要となるわけです。そのためには、後遺障害申請をすることになります。申請には、事前認定と被害者請求の二つの方法があります。事前認定は、いわばお任せコースであり、等級認定手続きを保険会社に任せるというものです。一方、被害者請求は、手続きを人任せにせず自分でおこなうコースです。当然、手間もかかり大変ですが、症状を正確に伝えることができるので、適正な等級認定につながる可能性が高まります。ただし、その際に、交通事故を得意とする弁護士に相談し、診断書の内容や申請方法について教えてもらったほうがいいでしょう。

「関連サイト」後遺障害とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所
交通事故による後遺障害の種類なども解説しています。