弁護士に頼むメリット


交通事故被害で後遺症が残ったときに、障害等級の申請をしようとするとき、弁護士に依頼するメリットとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

ひとつは、被害者請求により、後遺障害申請をする場合、さまざまなノウハウが弁護士にはあります。例えば、どんな病院へ行きどのような検査を受け、後遺障害診断書を書いてもらうのが良いのか、さらにどんな画像を提出するのが有効か、など、経験豊富な弁護士ならば、様々な引き出しを持っています。このような手段を駆使することによって、より適切な後遺障害等級の認定を受けられる可能性が高まるのです。

次に、慰謝料の増額が見込めることです。もちろん、適切な等級認定によっても慰謝料の増額となるわけですが、それだけでなく、慰謝料の算定基準が変わってくるということがあるのです。そもそも、慰謝料の額を決めるには、本来、数字で表現することが難しい、精神的苦痛というものを何らかの形で数値化しなければなりません。そのために、算定基準が必要となってきます。保険会社との交渉を弁護士に依頼すると、「弁護士基準」が用いられ、慰謝料が増額されるケースが多いのです。

さらに、保険会社との交渉を弁護士に任せられます。申請書類の作成を委任でき、ストレスの多いわずらわしい折衝をしなくて済むというメリットは大きいものです