弁護士基準とは何か


慰謝料増額のポイントとなる、弁護士基準とはどんなものなのでしょうか。算定基準には他に、自賠責保険基準と任意保険基準があります。自賠責保険は、運転者に加入が義務づけられている保険自賠責保険基準です。これによって、まず、保険金が支払われます。自賠責保険基準は、この法律で定められた最低限の補償を行うための基準であり、当然その性質上、他の基準に比べて最も低い額が算定されます。

これに対して任意保険は、入っても入らなくてもよい、プラスアルファの保険です。加入の目的は、自賠責保険では足りない損害補償額を補填するということになります。ゆえに、任意保険基準は自賠責保険基準よりも高くなりますが、保険会社によって算定基準が異なり、不十分な補償になりがちであるという問題があります。

これらに対して、弁護士基準はより高い算定となります。過去の交通事故における裁判所の判例などを参考にして、東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表しているものです。多くの裁判所で使われており、裁判所基準とも呼ばれています。被害者を適切に補償するための基準と言えますが、この基準があるからといって、弁護士を頼らずに保険会社を相手に交渉を進めるのは難しいものです。弁護士に交渉を依頼し、弁護士基準を活用してもらってこそ、適正な等級認定を受けて適切な補償を受けられるようになるのです。