示談交渉を有利に


弁護士に依頼するメリットは、単に、保険会社相手の面倒な交渉や手続きから開放される、ということに留まりません。保険会社は、いわば、交通事故に関する示談を日常業務としているわけですから、当然、自社に有利に交渉を進めようとしてきます。一方で被害者は、もちろん、交通事故の示談に手馴れているわけもないわけで、プロとアマチュアの組み合わせということになってしまいます。

通常、保険会社の示してくる補償金額は、適切な慰謝料よりも低いことが多いです。このことを嘆くのではなく、そのラインが交渉のスタートラインであるという認識の下で、示談に臨まなければなりません。その際に、こちらも交渉のプロである弁護士についてもらうことで、保険会社と対等に渡り合うことができるようになります。特に、過去の判例をどれくらい知っているかということは、交渉に際しての大きな材料となりますから、交通事故に通じている弁護士に依頼することが重要です。

もちろん、弁護士費用はかかりますが、最終的に、その費用を上回る、補償金額のアップがあればまかなえることになります。しかも、強い味方がついていてくれると思えることは、交通事故後の大変な時期に、心の支えになるものです。